読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きのみきのまま

シンプルライフに憧れる主婦の雑記帳

不妊治療を始めるきっかけ。

赤ちゃんがほしいと漠然と思い始めて一年。

妊活を意識し始めて半年ほどたったころ。

大学時代の友だちから妊娠5ヶ月という報告を受けました。

おめでとう!という気持ちと、羨ましい・・・という気持ち。

複雑。

 

でも、彼女は彼女なりに妊活をして授かったと知りました。

もともとポッチャリ体型だった彼女。

生理不順もあるし、冷え性も重症。

外食が大好きで、運動は大嫌い。

元喫煙者で、かなりの酒豪でした。

だから、子どもがほしいと思ったときいち早く婦人科受診したそうです。

自分は不妊かもしれないという、予測はしていたそうな。

先生との相性が悪く何回か病院は変えたそうですが、

生活も見直し、この度授かったそうです。

 

対する私はやせ型。

冷え性はあるものの、生理周期は比較的安定しています。

なるべく自炊し、運動不足への自覚はあるので気をつけているつもり。

タバコも吸ったことはないし、お酒もほとんど飲めません。弱いので・・・

自分が不妊のわけないって思ってました。

 

なんでわたしにはできないんだろう・・・

 

別の友達にその話をすると、実はその子も現在不妊治療をしているとカミングアウト。

その子に言われました。

「そんなこと考えるより、病院に行ったほうがいい。

本当に欲しいなら、早いにこしたことない。

わたしだってもっと早く行っておけばよかったと思ってる。」

その時の切羽詰まった表情、忘れられません。

 

そうか。病院に行ったほうがいいのか。

でも、もしかして今周期、妊娠してるかもしれないし。

よし、次の生理が来たら、病院に行こう。

 

 

そうして、生理予定日にぴったりきた生理初日。

わたしは病院に予約の電話を入れたのでした。

 

 

kinomi-kinomama.hatenablog.com

 

 

kinomi-kinomama.hatenablog.com

トラコミュ 赤ちゃんがほしい♪

 


にほんブログ村