きのみきのまま

シンプルライフに憧れる主婦の雑記帳

引っ越しました!

またまたご無沙汰しておりました。

あみこです。

 

突然ですが、引っ越しました。

 

ブログではなくて、家です。

 

以前、転勤があるかもー!なんてブログを書いたのですが、本当に転勤がありました。

 

9月末に内示がでて、なんやかんやで10月末には引っ越しました。

 

新天地は割と関東でした。笑

神奈川県のような東京都でした。笑

 

5ヶ月の赤子を連れての引っ越しはそりゃ大変で。

部屋の片付けはまだ全然できていないし、息子も環境が変わったせいか、夜泣きみたいなのがたまにあったり、家族揃って風邪ひいたり。

なんだか落ち着かないまま、お正月を迎えそうな感じです。

 

ブログは色々書いたいことがたまってるんですが、パソコンに向かう時間がなかなかとれなかったり、そもそも、ネット環境がまだ十分に整っていなかったり。

今は携帯から更新中です。

 

年明けたら、またきちんと書きたいなと思ってます、思ってるだけだけど、思ってます。

 

ちょっと早いけど、メリークリスマス!

良いお年を!!

 

早すぎですね。

《混合栄養》出産直後〜生後23日まで

2874gで産まれた息子。

初めて息子におっぱいを咥えさせたのは、出産の2時間後でした。

その日の夜から私のおっぱいライフが始まりました。

 

産後の疲れや貧血などもあり、悪戦苦闘のおっぱいライフ。

生後1日目は直母4回にミルク20cc×6、

生後2日目は直母5回にミルク30cc×8、

生後3日目は直母5回にミルク40cc×7、

という具合にかなりミルクに頼った授乳でした。

生後5日目の退院の日までの最高直母乳量は20cc。でもほとんど一桁台の直母量でした。

 

退院してからは産院の指導通りに3時間毎に授乳。

毎回、おっぱいの後にミルクを40cc補足していました。

そもそも、ここが間違っていたのですが、まぁ今更言っても仕方ないので。

 

生後12日目、それまで毎日数回出ていたうんちが一度もでない。

それ以降、でない日が多くなり、母乳不足を疑い、ミルク補足を50cc、60ccの回を数回設けました。

 

生後23日目に行政の新生児訪問にて、直母量を測定すると、30ccしか出ていないことに。

体重は3410gで1日の増加量は24gでした。

基準は30gらしいので、少し足りない。

保健師さんから、ミルクの量を40ccから60ccに増量しては?と言われ従いました。

 

後々、助産院で診てもらったら、そもそもこの時点でミルクを増量する必要はなかったと言われましたが、まぁそれは後の祭りです。

 

この日までの混合栄養の状況。

直母回数は1日7〜9回。

ミルク補足量は1日300cc。

 

次は生後24日目〜1ヶ月健診までを書きます。

 

 

 

母乳栄養、がんばるのやめました。

以前、母乳がなかなか出なくて、苦戦しています、なんてブログを書きました。

その際は励ましの言葉を頂いて、とても心強かったです。

ありがとうございました。

 

息子は先日4ヶ月になりました。

結論から言うと、今も母乳とミルクの混合栄養です。

できれば完全母乳を!と思って頑張って来ましたが、なかなか難しく…

時期的に母乳量の増えも限界なのかなという印象と、5ヶ月に入ると離乳食も始まるので、おっぱいのことばかり考えているわけにもいかないという現状もあり、母乳栄養を頑張るのはここらで一区切りつけようと思いました。

 

がんばるのをやめると言っても、もう母乳をあげないわけではなくて。

例えば、極端な頻回授乳や長時間の授乳をやめると言う意味で。

今まで通り母乳のあとにミルク補足というスタイルは継続するつもりです。

いつか、息子からおっぱい拒否があるかもしれないけど、母乳量が減ってしまうかもしれないけど、今はまだ飲んでくれてるので、今はまだ少しだけど出ているので、それまでは混合栄養を続けるつもりです。

 

混合栄養をするにあたって、困ったのはあんまり周りに混合栄養の人がいないので、進め方がわからないということ。

私の周りはほとんどの人が完全母乳で、授乳に関しては悩みを共有できる人がいません。

なので、結構ネットで色々調べたり、同じようなスタイルの人がいないか探したりしました。

同じように混合栄養について悩んでたり、迷ってたりしてる人ってたぶん結構いると思うので、混合栄養の記録を残す意味でも、このブログの中で今までの経過とこれからの進め方を記して行きたいと思います。

かなりスローペースになりそうだけど、興味ある人は覗いてください。笑

 

 

 

転勤……かもしれない時期。

1ヶ月があっという間に過ぎ去って、気がつけば朝晩ひんやりする季節になりました。

虫の鳴き声が聞こえたり、夜空にオリオン座がはっきり見えたり。

 

いつの間にか9月も下旬。

もうすぐ10月。

そう。

夫の会社の異動時期。

おそらく、今回で転勤になるだろうと思われる夫。

 

どこに異動になるのか、それは月末にならないとわからないので、正直何もできないけど、次の異動先は9割の確率で関東らしい。

関東と言っても幅広い。

東京?千葉?神奈川?埼玉?

関東って北関東も含むの?

 

夫は過去に一度、転勤を経験しているけど、私は初めての転勤。

しかも、生後4ヶ月の赤子を連れての引越し。

正直、私と夫の2人だけならどこでもいいのだ。

ただ、子どもの事を考えると、色々と思案する。

例えば、そこそこ評判のいい小児科が近くにあればいいな、とか。

ベビーカーが押しやすい道があるか、とか。

保健所や支援センターが近ければいいな、とか。

 

家も然り。

エレベーターがあるか、他に子育て世帯が住んでいるか、ベビーカーを置くスペースがあるか、など。

 

 

子育て環境、周辺情報なんてネットで調べれば山程でてくるけど、逆にありすぎて混乱。

関東にあまり知り合いもいないので、取り敢えず住んでみるしかない。

 

あまり深く考えないようにしよう。

 

それにしたって、内示が遅すぎるので、果たして引越しがちゃんとできるのか不安でたまらない。

 

とか思ってたら、実は転勤じゃなかったりして。笑

 

 

臨月はウォーキング

なんだかんだで、産後3ヶ月が経とうとしています。

あっという間に過ぎてしまいましたが、覚えているうちに、妊娠中のことを少しずつ。

 

34週に入る頃、里帰りをしました。

臨月までの2週間は本当に堕落した生活をしていました。

別に健診で指摘されたわけでもないのに、早産が怖いからと自主安静生活をしていました。

家の中に引きこもり、父と母におんぶにだっこ、状態。

おかげで、その間に4kg太りました。

健診で確実に体重注意のハンコを押される増量加減です。

 

36週に入って最初の健診で、赤ちゃんの推定体重が3000gを超えていると聞き、びっくりしました。

私は身長が低いので、赤ちゃんが大きくなり過ぎると難産になるかも…なんて思っていたので焦りました。

医師からは「もう安静になんてしてなくていいから、どんどん動いて!赤ちゃんはいつ産まれても大丈夫!」と言われました。

 

自分の体重も赤ちゃんの体重もヤバイかなと思い、取り敢えず手軽なウォーキングを始めることにしました。

1日1時間、実家の周りを歩きまわりました。

田舎なので、コンビニもあんまりないし、カフェとか本屋さんとかもほぼないので、無心で歩きました。

と言っても、臨月の大きなお腹です。

通常なら10分で行けるはずの小学校までの道のりを20分かけて歩くような速さでしか歩けず。

杖ついて散歩している近所のおじいちゃんよりも遅いペースですが、まぁ無理せず、ぼちぼち。

 

そのおかげで臨月の体重増加は1kgに止まりました。

まぁ一応間食を控えたりしたので、それだけではないですが。

 

ちなみに。ウォーキングは安産にも良いといわれますが、私はまぁ…時間だけみたら安産だったし、途中までは超順調にお産が進みましたので、多少の効果はあったと思います。

 

ちなみに、ちなみに。安産に効果的と言われるスクワット。

私はほぼやりませんでした。

なぜなら、膝が痛いから。

膝を痛めないスクワットなんか、ネットで調べたらたくさん出てくるんですけど、どうにしたって、膝が痛かったのでしませんでした。

 

ちなみに、ちなみに、ちなみに。おそらく意識高い系妊婦がやっているであろう、マタニティヨガやピラティスの類には通いませんでした。

産院にもクラスはありましたが、一回1000円とか、医師の診断書がいるとか、面倒だったので。

私はもちろん、意識低い系。

 

まぁこんな感じで、のんびり過ごした臨月ですが、胎動は痛いし、肋間神経はあるしで、日によっては死んでました。

 

 

出産レポはまた後日。