きのみきのまま

シンプルライフに憧れる主婦の雑記帳

臨月はウォーキング

なんだかんだで、産後3ヶ月が経とうとしています。

あっという間に過ぎてしまいましたが、覚えているうちに、妊娠中のことを少しずつ。

 

34週に入る頃、里帰りをしました。

臨月までの2週間は本当に堕落した生活をしていました。

別に健診で指摘されたわけでもないのに、早産が怖いからと自主安静生活をしていました。

家の中に引きこもり、父と母におんぶにだっこ、状態。

おかげで、その間に4kg太りました。

健診で確実に体重注意のハンコを押される増量加減です。

 

36週に入って最初の健診で、赤ちゃんの推定体重が3000gを超えていると聞き、びっくりしました。

私は身長が低いので、赤ちゃんが大きくなり過ぎると難産になるかも…なんて思っていたので焦りました。

医師からは「もう安静になんてしてなくていいから、どんどん動いて!赤ちゃんはいつ産まれても大丈夫!」と言われました。

 

自分の体重も赤ちゃんの体重もヤバイかなと思い、取り敢えず手軽なウォーキングを始めることにしました。

1日1時間、実家の周りを歩きまわりました。

田舎なので、コンビニもあんまりないし、カフェとか本屋さんとかもほぼないので、無心で歩きました。

と言っても、臨月の大きなお腹です。

通常なら10分で行けるはずの小学校までの道のりを20分かけて歩くような速さでしか歩けず。

杖ついて散歩している近所のおじいちゃんよりも遅いペースですが、まぁ無理せず、ぼちぼち。

 

そのおかげで臨月の体重増加は1kgに止まりました。

まぁ一応間食を控えたりしたので、それだけではないですが。

 

ちなみに。ウォーキングは安産にも良いといわれますが、私はまぁ…時間だけみたら安産だったし、途中までは超順調にお産が進みましたので、多少の効果はあったと思います。

 

ちなみに、ちなみに。安産に効果的と言われるスクワット。

私はほぼやりませんでした。

なぜなら、膝が痛いから。

膝を痛めないスクワットなんか、ネットで調べたらたくさん出てくるんですけど、どうにしたって、膝が痛かったのでしませんでした。

 

ちなみに、ちなみに、ちなみに。おそらく意識高い系妊婦がやっているであろう、マタニティヨガやピラティスの類には通いませんでした。

産院にもクラスはありましたが、一回1000円とか、医師の診断書がいるとか、面倒だったので。

私はもちろん、意識低い系。

 

まぁこんな感じで、のんびり過ごした臨月ですが、胎動は痛いし、肋間神経はあるしで、日によっては死んでました。

 

 

出産レポはまた後日。

 

 

母乳問題

妊娠中、出産のことばっかり考えていました。

 

いつ陣痛が来るだろうか?

それとも破水から?

そもそも、陣痛って気づくかな?

予定日より早くなるかな、遅いかな?

あの痛みに耐えられるだろうか?

安産のためには?

 

 

だから、産んだ後のことなんて考えませんでした。

そんな余裕はなかったのかもしれません。

 

 

産後の一番の悩みは授乳でした…いや、今も悩みの種なのです。

 

今後悔しているのは、妊娠中から母乳についてきちんと勉強しておけばよかったということ。

 

私が出産した産院は、母子同室でしたが、好きな時にお母さんが赤ちゃんをお部屋に連れて行けて、好きな時に新生児室に預けることができる、なんちゃって母子同室でした。

 

院長も「産後無理して赤ちゃんの面倒を24時間も見続ける必要はない。2日くらいはゆっくり体を休めて。」、「今はミルクの質も随分よいのだから、母乳にこだわらりすぎて、精神的に病むようならミルクを使ったほうがいい」という考え方の医師。

それを聞いたときは、「そうか、そうだよね、無理する必要ないよね!」と思ってました。

 

そもそも、出産したらおっぱいから赤ちゃんに必要な量の母乳が勝手に出るって思っていました。

ミルク育児でもいいと思っていました。

でも、そうじゃないって、退院してから知りました。

 

母乳の分泌には、産後なるべく早く頻回に赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらうこと、特に夜間の授乳が大切であるということ。

 

入院中の私はというと、産後の体がしんどいからと、赤ちゃんはほぼ新生児室、授乳コールには対応したものの、夜の授乳はコールしないようにお願いしてました。

 

もちろん入院中の直母量は一桁。多くて十数gでした。

母乳だけでは到底足りない状況で、直母後に毎回ミルクを足していました。

 

そしてこれは愚痴になってしまうのですが、産院の医師や看護師から退院後にどの程度ミルクを補足すればいいのかなんの指導もありませんでした。

私はてっきりあるものだと思っていたのですが、退院手続きを終了して、さぁ帰るというところまで、誰も何も言ってくれないので、私から、今の直母量でどの程度ミルクを補足すればいいですか?と聞きました。

すると看護師からは、「ミルク缶に書いてある摂取量を参考に補足してみて。」とだけ言われました。

それはベビースケールをレンタルしたほうがいいという事ですか?と聞くと、

「そこまではしなくていい。お腹いっぱいになれば、赤ちゃんはミルクを拒否するようになるから。」と。

ちょっと意味がわからなくて、逃げるように退院しました。

今思えばもっと追求して聞けば良かったのですが、産後のホルモンバランスの乱れのせいか、その時は突き放されたように感じ、かなりブルーな気持ちになりました。

 

取り敢えず、直母+ミルク40mlを授乳毎に与えることにしました。

でも、そのうち便秘がちになり、4日間排便がない日が続き、綿棒浣腸しないと排便できない状況に。

さすがに心配になり、市の新生児訪問を依頼し、体重測定をしてもらうことに。

1日あたりの増加量は30gが理想らしいのですが、息子の場合24gと少し足らない状態でした。

この時、直母前後の体重も測定してもらったのですが、母乳量は30gでした。

 

訪問に来ていただいた保健師さんからは、少しミルクの量を足すようにと言われました。

 

それからなるべく頻回授乳とミルクの量を60mlに増加し、なんとか2日1回は排便がみられるように。

1ヶ月健診では出生時よりも1100g増加していました。

 

現状、直母は1日7〜10日、1日400ml前後のミルク補足をしています。

おそらく、ミルクメインの混合栄養。

理想としては完母まではいかなくても、母乳メインの混合栄養にはしたい。

 

でも、息子、母乳をのんで乳首を放した瞬間ギャン泣き。

「足りない!お腹すいた!もっとくれ!」と口をパクパク、拳をしゃぶり、大暴れしながら、猛烈アピールをしてきます。

ギャン泣きする息子を一旦放置して、毎回ミルクを作らないといけないのがとても切ないです。

母乳が飲み足りないのは仕方ないとは思うのですが、授乳間隔が1時間しかあかない、という話をよく聞いていたので、母乳不足って、てっきりそういうものかと思ってました。

でも息子の場合、放した瞬間に泣くのです。

その場しのぎにもならない、私のおっぱい。

そして息子も飲み方が少し下手なのと、飲んでる最中に結構な確率で寝落ちしてしまうので、おそらく本来飲めるはずの量が飲めていないのではないかと思うのです。

寝落ちと言っても、布団に寝かすと背中スイッチ発動してギャン泣きするんですけどね…

 

まだ生後1ヶ月ちょっと。

母乳が軌道にのるまで、2〜3ヶ月くらいかかるという話を聞いたので、そこまでは頻回授乳で頑張ってみようと思っているのですが…

道のりは険しそうです。

 

2ヶ月ぶりの更新

随分ご無沙汰していました。

約2ヶ月もブログを放置しておりましたが、生きてます。笑

 

4月半ばに出産のために里帰りをしました。

実家のネット環境がイマイチ…というか、設定するのが面倒でブログは放置していました。

なので、みなさんのブログもなかなか読めずじまいでした。汗

 

さてさて、肝心の出産は無事終わりました。

f:id:kinomi-kinomama:20170611170649j:image

雲ひとつない快晴の日の昼下がり、元気な男の子を産み落としました。

初産は遅れることが多いといいますが、予定日より8日早かったです。

 

今は退院して、実家でのんびり…できればいいのですが、そんなわけもなく、両親に随分甘えながら育児に奮闘しております。

 

もうしばらく実家で生活して、来月中には夫の暮らす自宅に戻る予定です。

 

実家にいる間に、里帰りしてからの妊婦生活や出産のこと、入院中のこと、育児のことなど書けたらいいなと思っていますが…どうだろう、そんな余裕がないかもしれないので、宣言するのはやめときます。笑

 

ぼちぼち、みなさんのブログにもお邪魔したいと思うので、よろしくお願いします!!

最近の手作りおやつライフ!

4月に入って、桜の便りも毎日のようにききます。

春は何もなくても嬉しい季節。

気候も良くて、風も心地よい。

久しぶりに日中は窓を開けて過ごしました。

 

 

毎日毎回ではないけれど、最近は手作りおやつを食べています。

 

妊娠後期に入ってからの胃もたれ喉つわりは相変わらず続いていますが、食欲は増すばかり。

市販の甘いおやつは、油分や砂糖がかなり多いので、胃もたれがひどくなり、なんだか食べたあとが気持ち悪くて…

 

せっかく時間もあるし!節約にもなるし!と思い、体調が良い日はなるべく手作りおやつにしています。

 

といっても、特別な材料なんて用意していないので、本当にあるものだけで、簡単に出来るものを。

家にあるものといえば…

サラダ油、オリーブ油、ココナッツオイル、小麦粉、てんさい糖、卵、牛乳、寒天、ベーキングパウダーくらい?

あとはその時々で、果物だったり、きな粉だったり、ジャムやあんこ、お野菜。

あるもので作る簡単おやつです。

 

f:id:kinomi-kinomama:20170404175225j:image

 

左上から

・人参ジンジャークラッカー

・牛乳寒天 きな粉がけ

・牛乳寒天 あんペーストのせ

右上から

・スコーン

・バナナケーキ

・キャロットケーキ

 

色々とレシピを参考に、砂糖は更に少なめにして作ります。

お菓子って分量をきちんと測って作らないと失敗するものだと思っていましたが、結構適当に作って、それなりに仕上がります。

スポンジケーキとかはちゃんと測らないと失敗しそうだけど…

人にプレゼントできるレベルではないけど、自分が食べる分には問題ないよねレベル。

 

産後しばらくは、おやつなんて手作りする余裕ないと思うので、いつもは面倒くさがりのわたしですが、なんとなく楽しめています。

 

 

さてさて、里帰りまで二週間をきってしまいました。

里帰りの準備があまり進んでいないのが最近の悩みです。笑

 

 

無印良品週間で買ったもの

お久しぶりの更新です。

妊娠後期に入ってから、ブログ更新率がかなり低下してますが、元気です。

 

3月10日〜実施されている無印良品週間。

今回はがっつり買いました!

 

まずは食品類。

f:id:kinomi-kinomama:20170331112817j:image

レトルト系はわたしが里帰り中に夫のご飯になるもの。

好きなの選んでいいよと言ったら、バターチキンカレーが2つ。

好きみたいです。笑

あとはハーブティーとしみチョコいちご。

わたしのおやつです。

レモングラスは子宮収縮の作用があるみたいなので、臨月に入ってから飲もうと思います。

 

つづいて、ソフトボックス。

f:id:kinomi-kinomama:20170331115412j:image

これは赤ちゃん用の収納に使います。

衣装ケースを買おうかと思ったのですが、年内には夫の転勤で引っ越しがあるし、こちらの方が色々応用が効きそうだし、使わなくなったらとりあえず畳めるし…と思い。

服が増えたら足りないとは思いますが、今の所十分。

 

あとは細々と、お箸や冷水筒、そして布団カバーを買いました。

冷水筒は母乳で育てるなら、水分を常にとれるような環境が大事と言われたので、この夏大活躍してくれるはずです。

 

本当はもっと欲しいものもあったのですが、無印良品の物じゃないといけないのか?結論がでなかったので、保留に。

 

とりあえず、財布の紐、ゆる〜く閉まったまま帰宅しました。

 

次はいつかな〜行けるかな〜?