読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きのみきのまま

シンプルライフに憧れる主婦の雑記帳

妊活的栄養素~葉酸編パート1~

 

妊活を始めて少しだけ興味を持ったものがあります。

それは栄養について。

今まで毎日のごはん作りは、あまり何も考えずに作っていました。

妊活として、体を温めたり、適度な運動をすることはもちろん大切ですが、

それをするためにはやはり自分の体が健やかであることが必要だと感じるようになりました。

そこで、少しだけ栄養について調べたのでまとめてみました。

※インターネットで調べた知識なので、間違いがあったらご指摘ください

 

本日はまず、妊活的栄養素の代表格でもある葉酸について。

 

葉酸の働きとは??

 葉酸は水溶性ビタミンB群の一種です。タンパク質や核酸の合成に働き、細胞の生産や再生を助け、体の発達を促す働きがあります。つまり、細胞が新しく作り出されるのに欠かせない必須の栄養素です。核酸とはDNAやRNAのことで、細胞の核の中にあり、遺伝情報を保存し、遺伝情報の通りに身体を作っていく指令を出すところで、いわば生命の根幹。そのため、赤ちゃんの新しい細胞が作られる妊娠期や授乳期の女性にとって必要不可欠な栄養とされています。神経管閉鎖障害や精子の染色体異常が軽減されると言われているのはこのためです。

 また、ビタミンB12とともに赤血球の生産を助けるという重要な役割もあります。

☆妊活ポイント☆

○受精卵が着床しない原因は80%以上が染色体異常といわれています。新しい細胞を作るのに必須な葉酸を取ることで、健康な受精卵を作ることができると考えられています。

葉酸は血液を生産する栄養素であるため、体内の血液が増えることによって血流が良くなります。血流がよくなることにより卵巣機能が正常に働きます。するとホルモンバランスが整い、ホルモンが正常に分泌されることによって卵胞が育ち、子宮内膜が厚くなるため、妊娠しやすい体づくりには必要な栄養素と言われています。

 

わたしはどうして葉酸がこんなに必要なのかすごく不思議だったのですが、今回調べてみて納得できました。

妊活中の方なら、こんなの当然ですかね?すみません、いまさら。笑

 

続きは葉酸編パート2をまた更新します!

 

読んでくださりありがとうございました!

トラコミュ 赤ちゃんがほしい♪


にほんブログ村