きのみきのまま

シンプルライフに憧れる主婦の雑記帳

骨格診断をうけて わたしに似合う服・スタイル

骨格診断をうけて、わたしはウェーブタイプなのにナチュラルタイプの服を着ていることがわかりました。

kinomi-kinomama.hatenablog.com

 

自分の好きなテイストの服が、自分に似合わない服だと知ったときはそれなりにショックでした。

 

じゃぁ、わたしにはどんな服やスタイルが似合うの???

ウェーブタイプに似合う服・スタイル

・ソフト、ボディコンシャス、エレガント

・柔らかい薄手の素材

・胸元にフリルなどボリュームのあるもの

 

以上がウェーブタイプが似合う主な要素らしいです。

ウェーブタイプの芸能人、一番よく出る名前は松田聖子さん。

素敵だとは思うのですが、自分とはちょっとかけ離れすぎていて参考にはならないなというのが正直なところです。

 

ということで、ウェーブタイプに似合うものや着こなしのポイントなどもう少し具体的に掘り下げてもらいました。

 

・女性らしい、ふんわりしたもの

 ハリのある綿素材やリネンなどではなく、シフォン素材やとろみ素材などの柔らかくふんわりしたもの。ニットなら編み目の粗いものではなく、モヘアニットなど。

・ドレープやふりるなど装飾のあるもの

 胸元の寂しさをカバーできるもの。

・首元の詰まったデザインのトップス

 深いVネックやUネックではなく、浅いもののほうが首元の寂しさが感じられない。深いものを着る場合は、ネックレスやスカーフなどをする。

・Aラインのスカート

 もっともスカートが似合うウェーブタイプでも、Aラインのスカートが一番。チュールスカートフレアスカート、プリーツスカートなど。

・ショート丈・コンパクトな作りのアウター

 上半身がコンパクトなほうが似合う。ロング丈のアウターの場合は、手首・足首を出したり、ウエスト位置を強調するようなシルエットのもの。

・オフタートルネックのニット

 胸元・首元カバーのため。細身のタートルニット場合はネックレスなどをプラスする。

ペプラムデザイン、ショート丈のデザイン。トップスをボトムインする。

 下重心の体型をカバーするため、ウエスト位置が高く見えるデザインが良い。

・ニットアンサンブル

 女性らしい雰囲気のものがベスト。

・パンツはスキニーやタックがついているもの。

 

その他に、ファー小物や丸みのある小さめのバック、カーディガンの肩掛けなどがあります。

ただ、全てのウェーブタイプに似合うというわけではないみたいです。

例えば、わたしの場合ニットアンサンブルは似合いません。

多くのウェーブタイプはなで肩の人が多いようですが、わたしはどちらかというと肩が張っています。なのでカーディガンを着ると肩が大きく見えてしまいます。

また、スカートが似合うウェーブタイプさんですが、マキシ丈などのスカートは重心が下に行きやすいので難しいみたいです。

 

なので、このような似合う要素の中からさらに似合う要素をみつけるということが必要みたいです。

また、タイプの違う服でも、着こなし方によって似合う方向へシフトすることができるということがわかりました。

 

せっかく学んだのですから、次は実践です!!

 

 


にほんブログ村